FC2ブログ
くま&ウッキーの
もりの子どもの村 3 「ゆうた」
2012-05-30 Wed 08:16
今朝5時起き、小雨である。
迷ったが、円山へ出かけた。

雨の日はもりが匂う。
桂がほのかに匂っていた。

もりの入り口で蝦夷リスに出会った。
「おはようございます」と挨拶した・・・先輩だから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「もりの子どもの村」の話

滝上に入って二日目、田中さん?と出会いました。
四人家族で夕方に山小屋に着きました。
お父さん、お母さん、女の赤ん坊に小二のゆうた君

自己紹介兼ねてしばらく世間話しをしました。
その間、お父さんとゆうた君は「ウノ」をしている。


家族は五右衛門風呂に入ることになり、
山小屋に私とゆうた君の二人になった。

私は本を読んでいた。正確には読んでいるふりをしていた。
親から離れた子どもがどう出るのか? ゆうたがどう出るのか?
様子を見ることにした。 そしたら・・・

すくすくっと近寄って着て・・・「ウノ やろう」 だって!
この瞬間がなんとの心地良かったのである。

人懐っこい、でも一見そんな風には見えない。
出会って間もないのに、子どもの感性は素晴らしく自由だ。
自然のもりの中では、さらにそいつを結びつけるようだ。

それからは、ゆうたと私は仲間になっていた。
両親はさて置いて、二人で夜の五右衛門風呂に入り
二人で二階の裏屋根部屋に寝たのである。

(ゆうたは自分の感性で選択している。両親と下で寝るのとギーギーと
開く裏屋根の部屋にさっき出会ったばかりの熊さんと寝るのと
どっちが楽しいかを・・・)

それから
小学校 グランド~サッカー 

もりの散策
 
行者ニンニク採り~兜山登山

蒔き割り 

藍染め体験

町民との花見~バーベキュー

ゆうたの気分はすべてが・・・探検、冒険気分だっただろう!
私の気分だって・・・探検、冒険気分だった!

夏に、また、会えるかな?
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| この地球(ほし)は人間だけのものじゃない・・・ | NEXT