FC2ブログ
くま&ウッキーの
くま&ウッキー道民の森で唄った!
2012-08-29 Wed 19:59
8月25日、26日
くま&ウッキー:道民の森で唄う。

連日残暑が厳しいですね! 
体調のバランスに気をつけてください。

私の夏バテ対策は
1梅ハチミツのホットドリンクを持ち歩く。
2早く寝て、早く起きる。 節電にもなるし。
3食事は三食で間食なし。ガツンと熱いのをいく!

これで私は元気です!
もうひとつ上げると・・・どこかで唄えることです。

先日、当別にある「NPO法人・・・・」からの依頼がありまして
道民の森キャンプ場で唄ってきました。

やっぱ、野外でのライブは気持ちがよいですね!
冷っこいビールとバーべキューを頂きました。
大自然の中で唄うとなると、「インディペンデンスランド北海道」
「我らが北海道」そして「頂点」ですね!

隣や奥の団体さんも巻き込んでしまいました。
日が沈み、焚き火が映える頃には宴も酣
みなさんの心も打ち解けてきて、アンコール、アンコールのうちに
終演となりました。

片付けに入ってお風呂に行こうか? と思いきや、ひとりの男がやって来て
静かなおもむきでギターを貸して欲しいと言い出てきました。

そしたら唄い出すではありませんか!
「いちご白書をもう一度」です。唄い方に真面目さがあって真っ直ぐなんです

今度はそれを聞いた別の人が、アカペラで「アメリカ橋」を唄いました。
また、司会を兼ねて演歌を歌いだす人が出たりで、次々と続くのです。
それはもう素晴らしいものでした。

触発させられて唄ってくれることは、ぼくらにとってとても嬉しいことです。
障害を持った人も、持たない人も大して変わらないと思います。
障害を持った人の方がお世辞を言わないだけ真っ直ぐ生きていると思います。
彼らは、本当にいつ見ても聞いても生ライブです。
だから感動させられる要素があるんだと思います。

どんなにテクを使ってきれいに唄ったり演奏しても彼らのパフォーマンスには敵わないのです。

翌朝、周辺の森を散策しました。
アカゲラがさっそく迎えてくれました。
遠くではふくろうの鳴き声が聞こえてました。

8時に朝食を頂ました。昨夜一緒にバーベキューをした女性たちが朝食を準備してくれました。
自分たちが育てた野菜たちの新鮮なサラダです。 美味しいです。

一緒に食卓に並んだ学生。
旭川大の福祉学部で今回研修を兼ねて参加してました。

福祉を選んだ訳を聞くと・・・身内に鬱人がいることを話してくれました。
それがきっかけで、精神の病を学び資格を取りたいということでした。
力になりたいという思いが伝わってきてととえも嬉しく思いました。
激励の握手をして別れました。

我々くま&ウッキーは朝靄が低く立ち込める道民の森を
ひと足先に出発しました。

途中、当別町のふれあい倉庫に寄り、地産の野菜を沢山買って帰りました。

もりのクマ
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| この地球(ほし)は人間だけのものじゃない・・・ | NEXT