FC2ブログ
くま&ウッキーの
宇宙もみんな生きている
2012-11-30 Fri 10:25
宇宙の誕生以来、水素やヘリウムや炭素などが融合を繰り返して
星が生まれてきたという。

長い年月をかけて輝きつづけ、小さい星はガスを放出して収縮し
大きな星が爆発が起こってチリやホコリとなり、一つの星生命を終わる
そうだ。

しかし、そのチリやホコリがまた新しい星を生み出す。
生々流転、星もまた連鎖を繰り返して生の物語を紡いでいくのだ。

広大な空間と悠久の時間を宇宙はもっているが、それは宇宙だからこそ
与えられたステージなのだ。
人間にも、人間だから与えられたステージがある。
その中で、誕生して次の世代を残して死を迎えることを繰り返してきた。

宇宙も私たちも、いまの生がなければ、これからの生にはつながらない。
吹けば飛ぶチリのような存在の人間だが、そんなチリでも生を受けた
限りは、ちっぽけななりに精いっぱい輝きたいものである。

本「ぼくらの地球~いのちはみんなつながっている」 川北義則 から
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それでもぼくらは生きていく

「宇宙からすれば ぼくら人類は ちっぽけな生きもの

争いが好きで お金が好きな 可笑しな生きもの」

ぼくらは重力に縛られて、地球にへばりついているから
損得、金しか見えていない。

宇宙飛行士のように無重力であれば、宇宙から地球を
眺めてどんなだろう?

国際宇宙ステーションは90分で地球を一周するそうですが
そこから見える地球は、国境線なんか見えないし、アリと人間の
区別もつかない。

地球で人間のやっていることは矛盾だらけ。

ほんとに まあまあ、どうしたもんだか?
それでもぼくらは生きていく。

もう一度
宇宙から地球を眺めてどんなだろう!

この地球(ほし)は人間だけのものじゃない
もりのクマ


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| この地球(ほし)は人間だけのものじゃない・・・ | NEXT