FC2ブログ
くま&ウッキーの
欲張らないで、足ることを知る
2013-03-12 Tue 23:39

自殺者の数が前年の35%増になったことで、日本中の人がショックを受けた感じになっています。
せっかく地球上に生まれてきたのに、自分の人生に不安と不満しか感じられない原因は何でしょうか?
人間が赤ん坊の時は、体が小さくて欲望も少しですから、ほとんど無に近い存在として自然の中心に居るわけです。
この時期は、損をしようが得をしようが、嫌われようが好かれようが、どっちでも同じ事に感じます。
成長して体が大きくなるにしたがい、欲望の圧力も大きくなり、得をしようとか好かれたいとかの方向へ、何時の間にか心の向きがネジレていくのです。
大人になると、欲望も最大になり、心の向きが完全に90度ネジレて、「長生きをして得をするんだ」と考えるようになります。
これが極限までいくと、「他人を殺してまでも幸福になるんだ。」と頑張る事になり、この頑張った分だけ自然の中心からズレてしまいます。
欲張って自然の中心からズレた分だけ、自分が死ぬことの恐怖を生み出すエネルギーになってハネ返ってくるのです。
自然の中心に立って正面を向いていれば、生まれようが死のうが、自然の揺れ動きとして同じような面白さを感じるはずです。
生まれつきの才能以上に欲張ると、自然に対するズレが生じて死ぬのが怖くなり、人生がつまらなくなるのです。
心の向きを正面に直し、自然の中心に立ち戻れば、時間と空間の壁から開放されてフワリと飛んでいる感じの人生が開けてくるのです。
無限に広がる宇宙とともに揺れ動く人間は、本当に面白いことが自然の波に乗ってきて、どんな人生も冒険を楽しむチャンスと感じられるでしょう。

本 「自然の波に乗る」 中村敏郎 から
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここに書かれていることはとても分かりやすいです。
生まれてきた赤ん坊は無に近く欲が小さい。
大人になるに従って欲は大きくなり、そうすると自然からズレていく。

人類が生まれ文明をつくり、人工増加と共に人間中心になって
欲望が大きくなればなるほど、地球全体の自然からどんどんと
ズレてきました。
ほとんどの人は欲望が際限なく大きくなっていく世界に流されています。
自分はそんなことはないと思っていても社会全体の流れに多少なりとも
影響を受けているのです。

しかし地球全体、宇宙をも感じられる少数の人たちはアクセク、イライラから
解放され居心地の良い豊かな気持ちで暮らすことが出来るのです。

欲張らないこと。
他人と比べないこと。

幸福とか不幸とか言わない。
少なくとも物持ちで比べないことです。

衝動買いしないこと。
本当に必要か立ち止まってみることです。

足ることを知ることです。
凄く楽になるけどね!

「この地球(ほし)は人間だけのものじゃない」
もりのくま
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| この地球(ほし)は人間だけのものじゃない・・・ | NEXT