FC2ブログ
くま&ウッキーの
親子でつくる「復興新聞」
2013-08-26 Mon 22:25


TVをみた。
「親子でつくる復興新聞」
宮城県、石巻で新聞をつくり続ける親子の物語である。
昭和22年からつくり続けてきたおじじがいる。
今も現役で取材する、原稿を書く、写真を撮る。
その息子50代だろうか?印刷を担当してるが、おじじも
年で写真や原稿も手伝うようになる。
意見の食い違いで時には喧嘩になる。
このやり取りがいい。
TVの取材など意識してないように、喧嘩する。

家族ぐるみで新聞をつくっている。
新聞は週一回で孫の高校生が配達する。
毎週出来た夜は家族で食事をすることにしている。
ビールを飲みながら記事について語る。
みんな安堵してお疲れさんと笑顔が生まれる。
そこに家族というものがあった。

三世代一緒に暮らし、同じ仕事に関わっている。
ずいぶん昔に見た光景のように思えた。
そこに家族があった。
それぞれに役割分担があってひとつに繋がっている。
なあなあの付き合いではなく、言うことは言う
一種闘いとも思える関係があった。

現代の家の作りは親子が個々に密閉されている。
一緒に過ごす時間は少ない。
お互いに何をしているのかわからない。
当たり障りのないように暮らす。

もっとお互いを感じあえる空間
ノブでロックする密室よりは、人を感じれる襖の戸がいい。

この家族には互いを遮るドアはもちろん心の壁もなかった。
家族っていいな~ 家族って何だろう?と思う。

もりのクマ

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<「星屑から生まれた」としたら・・・ | この地球(ほし)は人間だけのものじゃない・・・ | 白老の旅ー別邸ライブ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| この地球(ほし)は人間だけのものじゃない・・・ |